気象部レポート Vol.03

大泉学園の女子生徒の目線で「気象」を紐解く!
「私立大泉学園 気象部」課外イベント
〜第3回:夏休みの宿題総仕上げ!練馬区アメダス&清瀬市気象衛星センターに行こう!〜

16082701

第3回目の気象部は、気象部初の課外イベント。西武バスさんの路線バスを貸し切って、練馬区にあるアメダス気象観測所や清瀬市にある気象衛星センターを訪れました。

夏休み最後の週末に開催された気象部イベントは、気象部の生徒のみならず、体験入学生や一般の親子連れ、練馬区出身の芸人BANBANBANさんも参加し、総勢15名が参加する賑やかなイベントになりました。

出発は、大泉学園駅北口の西武バス停留所。そこからバスに乗り込み、石神井松の風文化公園へ向かいました。当日は、あいにくの雨で、熱中症対策のために借りたバスも、雨を凌ぐための乗車に変わりました!(バスは、急な天候変化にもバッチリ対応可能!)

16082702

最初に訪れたアメダス気象観測所は、全国で800カ所以上あるアメダス観測所のひとつで、23区内にはたった3つしかない貴重な施設だとか。公園の隅にある小高い丘の上につくと、柵で囲われた施設の中に、風速計、日照計、温度計、雨量計を発見。風速計は、10Mの高さと決まっている、まわりが緑で覆われているなど、自然環境下で正しく気象を計測するために、さまざまな条件があると知りました。

16082703

アメダス観測所を後にした私たちは、移動するバスの中で、練馬区の気象や、「熱中症」や「集中豪雨」に関するクイズに楽しく答えて、気象に関する知識を深めました。練馬区が東京23区内で最も暑い区である理由って??23区内では海からの影響を受けにくい場所に位置するためで、2015年の夏は全国で30番目の最高気温を記録したとのこと。

16082704

そして、最後に訪れた清瀬市の気象衛星センターは、ひまわり街道沿いにありました!巨大な施設の中には、非常に高額なスーパーコンピューターがあり、停電から守る蓄電室や震度6以上の地震にも耐えられる耐震構造を見学。気象衛星ひまわり8号から送られてくる情報などが集まる現業室など、普段みることのできない施設を隅から隅まで案内いただきました。

16082705

今回は、初めての課外授業ということで、実際に見たり聞いたりすることで、気象のことを実感を通して学ぶことができました。また、雨の量や風の強さなど、自然の力の凄さを理解し、私たちに及び「熱中症」や「集中豪雨」などのリスクもしっかり意識できた一日となりました。

2016/9/15